「障害者スタッフの作業環境が安定的になりました」

株式会社トラスト・テック・ウィズ様(特例子会社)

【コンサルティング内容】

  • サテライトオフィスの企画・提案・運営
  • 障害者スタッフの人材紹介・職業訓練・定着支援
  • 花の技術指導職員の配置
  • 相談支援カウンセラーの配置
  • 相談員(臨床心理士)の派遣

【障害者スタッフの業務内容】

  • オフィスの受付、執務室、休憩室、役員室などの装花
  • 従業員向け誕生日用のフラワーギフト制作
  • 株主総会、各種イベント用のスタンド花制作 など

障害者スタッフの仕事に「花」を導入したきっかけを教えてください

弊社では、これまでに事務作業や清掃作業などのスタッフとして身体 ・知的障害者を雇用してきた実績が十数年あります。そして今回、社内で精神障害者の雇用にチャレンジすることになり、新たな職域開拓として、パン製造や農業等も検討しました。最終的には、従業員やお客様に「喜ばれるサービス」がいいのではないかという声があがり、フラワーアレンジメントという新たな職域に踏み出すことになりました。

アンフィニテのコンサルティングサービスを導入された理由は何ですか?

弊社は、身体・知的の方の雇用実績はあったものの、精神障害の方の採用ノウハウが乏しく、採用に当たって高い壁があると感じていました。その点、アンフィニテさんは、グループ会社で運営する福祉施設にて、フラワーショップを運営しており、精神障害者の雇用経験が豊富にあります。雇用に関する相談をはじめ、花の仕事に関する助言や技術指導も期待できたため、手厚くバックアップしていただけるのではないかと思い、コンサルティングサービスを導入することに決めました。

サービスを導入してみて感じたメリットがあれば、教えてください

障害者スタッフの作業環境が安定的になりました。花の制作は複雑な作業を必要とするため、その工程を細分化しそれぞれに適した仕事を振り分けることができます。また技術的にも、基礎から応用まで段階を踏んで成長することができ、仕事を通じてスキルアップできる環境が整っています。アンフィニテさんには、この業務分配と指導・育成計画の策定、評価などをお任せしています。

もう一つのメリットとしては、精神障害のスタッフの定着支援です。弊社での障害者スタッフの採用は長期雇用を前提としており、そのためには仕事を通じて社会に貢献しているという実感を得て、成長してもらうプロセスが大切だと考えています。そのプロセスを支えるためには、メンタル面でのケアが欠かせません。アンフィニテさんからは、専門の相談支援カウンセラー(社会福祉士や臨床心理士など)をコンサルタントとして派遣してもらい、障害者スタッフが困ったときに、すぐに相談に乗ってもらえるような体制を整えています。日々の細やかなケアやフォローが、スタッフの雇用定着につながっています。

最後にメッセージをお願いします

弊社の親会社である株式会社トラスト・テックは、人材派遣会社です。人材派遣は、人そのものが顧客であり、顧客満足度100%を目指しています。障害者スタッフも同じ職場で働く仲間として、ともに社会に貢献し、成長してもらいたい。その環境づくりのため、これからも、アンフィニテさんと連携していきたいと思っています。

「事業所開設に関する様々なアドバイスをいただきました」

医療法人社団福啓会様(歯科クリニック)

【コンサルティング内容】

  • 就労継続支援A型事業所の共同運営提案
  • 行政の許認可手続
  • 福祉専門スタッフの配置

【障害者スタッフの業務内容】

  • 歯科技工物の制作
  • 医療事務代行
  • クリニックの院内清掃、制服クリーニング など

御社が運営するA型事業所(FDL)には、どういった特徴があるのでしょうか?


FDLは、国からの助成⾦だけに頼らず、普通の企業のように利益を出せるような事業モデルで⾏っています。普通の会社のように運営し、利益を出したら障害者スタッフに配分。FDLだけで完結せずに、スキルを磨いたら⼀般企業への就職や、独⽴を⽬指せる、そんな環境が整っています。

こういった事業を⽴上げようと思ったきっかけは何ですか?

一番のベースにあるのは、息子ですね。癲癇(てんかん)持ちなんですよ。この子の将来を考えた時に、どうしたらいいのか、自分には何ができるのか。それを考え続けた結果、今から働ける場所を準備しておけばいいじゃないかと思うようになって、動き始めたのが始まりです。最初は自分が院長を務める歯科医院でやろうとしたのですが、うまくいきませんでした。

そこでアンフィニテのコンサルティングサービスを受けられたのですね

はい。アンフィニテさんに相談にも乗ってもらって、1年くらいかけて事業内容を練りこんでいきました。障害福祉サービス事業所の運営を開始するためには、東京都の許認可を得る必要があるのですが、その点、アンフィニテさんは事業所開設のノウハウに長けていたため、手続きの関係はすべてお任せでした。事業開設後は、福啓会では医療分野で障害者スタッフの職業訓練と育成を担当、アンフィニテさんでは福祉分野で事業所運営と障害者スタッフのフォローを担当という役割分担をし、二人三脚で運営しています。

最後にメッセージをお願いします

FDLは、その名の通り未来をつくる場所です。社会を変えていく、その一端を担うような仕事に関わりながら、社会に一歩踏み出すためのスキルや経験、勇気や自信を少しずつ身につけられる環境が整っています。夢や可能性に満ちたさまざまな未来を、お互いに協力しながら、一緒に作っていけたら嬉しいですね。

お問い合わせ

障害者雇用に関する課題を企業様と一緒に解決いたします。
まずはお電話/WEBからお気軽にご相談ください。